2008年7月23日水曜日

この連休

クンパルでは いつも通りにレッスンをし

ワルツの振り付けをみっちりやったりして盛り上がっていた。

一曲を通して踊れるようになる喜びとか

普段は昼間のクラスに出てる人
夜のクラスに出てる人が
顔合わせを出来たことが
連休を選んだことで大変実りあることだったと思う。

レッスン後で飲み屋へ行くことを
いつしか「反省会」と呼ぶようになったが


連休二日間のワルツ・ワークショップあけも
初顔合わせ同士で反省会をした。


今夜、火曜レッスンでも
「反省会もタンゴも大好物」というメンバーが 反省会へ繰り出した。


火曜のレッスンは時間が長いので終わるのは10時に近くなるが それでも行く。

もうレッスンの途中で
   今日はこれで終わりにして反省しよーよ
などと言い出す始末である。



なので私達は二日連続反省会。

生徒さんのひとりRちゃんも二日連続反省会。



幹事は私が決まって頼むお酒や
好みの ツマミまで把握してるので
ナンとも頼もしい。



タンゴは とても とても楽しい踊りだけれど

自分が上手になりたい、という点だけになってしまうと
いつか終着してしまうように思う。

せっかくたくさんの時間とお金を費やした、というのに。



一緒に「反省」する仲間がいる彼らは非常にラッキーだと思う。


仲間の成長に気づいたり
ボレオが上々になったね、と言えたり
ヒーラのリードがわかりやすくなったと言えたり、
言ってもらって嬉しかったり、


自分以外の誰かの上達を嬉しく思えるなんて、
かなりタンゴ上級者、人間上級者だと思う。


タンゴを通してどんな楽しみを見出すのか

その軸をぶらさず

長く 長く タンゴと付き合って欲しいなぁ、と



反省会で反省した。



タンゴに終わりはないのだから。