2017年11月12日日曜日

Orquesta Romantica Milonguera



Bonísimo!!!!












2017年10月28日土曜日

ミラクルサリダ

また台風が来るのですかねえ?

おかしな天気ですね。

でも、雨が多いと 晴れの日は本当にありがたく嬉しいですね。


ところで、サリダ。

サリダって 本当にすごい。


があって があって 揃える があって があって

があって 後ろがあって 

通過する足もあれば
踏み替える足もある

ディソシエーションがあって
アペルトゥーラがあって

女性にはクロスもある


サリダってすごいなあ〜〜。


サリダをしっかり練習するって 本当に大事だよね。

サリダの練習がすなわちタンゴの練習なのですよ。

幾通りものサリダを表現すること、
幾通りものサリダテクニックを研究すること ですね。


ずっと以前、何人かの タンゴの先生達で集まって
「サリダの話」をしたことがあったんですけどね。

それぞれのこだわりがあるわけですよ。
サリダに関しちゃ、「俺のサリダはこーだ」とか
「いや、俺のサリダのここがすごい」とかね。

もう、話がぜんぜん尽きないってゆーか、決着なんかつかないんですよね。

そこが面白いんです。

だからいーんですよね。


まさに、ミラクルサリダ ですね。


またね。

2017年9月4日月曜日

テレビの撮影

先日は珍しくテレビの撮影がありました。

クンパルはほとんどの場合、テレビのお話はお断りすることに
しています。
ほとんどの場合、意図しないことが表現されてしまう経験を
たくさんしてきたのでイヤになってしまったのです。

でも、今回は後に書く幾つかの理由から撮影に協力させて頂きました。

   なんだか生意気ですね。
   すみません。       ふふん。



インタビューにお答えした中で
「大人なダンスですね」「はい、大人なダンスですね」 という部分



私としては この教室では、みんなが必ず同じ基礎クラスの道を同じ数だけ
平等に通らなければならないこと、誰一人 階段をひとつ飛ばしにしたり
飛び級しないことで、競争心がなくなり、互いを尊敬し合うようになること、

競争がなければ 自分の意思と自分のペースで先を急がず
コツコツ練習することが可能であること

それらをコントロール出来るところが  「大人なダンス」と
言えると思っています。

個人的なわがままや(私は◯曜日しかだめなので 飛ばしてレベル3を
受けてもいいですか  とか)

個人的な好みで あいつとは踊りたくない  とか
 (どうしても嫌いならそれも本人の責任において良いけれども)

仲良しの◯◯ちゃんが 行くなら私も  とか


そーいうのは 大人のダンス場において徐々に居場所がなくなるはずなのです。



他のインタビューでは
「男性が女性を誘うものなんですか?」と問われ

「はい。カベセオと言って、目を合わせることで お相手を誘います」と
答えました。



今まで私が経験したテレビでの表現における嫌なことというのは
タンゴを必要以上に
妖艶で 妖しい  色気のあるダンスに仕立て上げられてしまう という傾向に
あることです。



例えば、今回のだって

麻布のマンションの地下 一室で行われている男女のプライベートスペース

  とか

からみ合う熱い視線で誘い合う 大人の男女 

  とか

私が「大人のダンスです」と言い切ってるわけですから
そこだけ抜いたりですね、


そのような切り口にしようと思えばいくらでも出来るわけです。


映像としては 女性の足が男性の足に触れる瞬間だけを 切り取ったり ね。



まあ、うちの教室の女性は全員 体操着ですけど(笑)



とまあ、昔はあからさまに そんな風に仕立てられてしまうことも
あったわけですが


ぶらり旅系の番組だというから、そんなことないでしょうし、
本当に隅々までホームページをよく読んでご理解下さいましたし、
何度もメールを往復したり、たくさんお話を聞いて下さったし、

しかも  下見に来られた時


「先生と生徒さんですけど ほんとにみんなと友達みたいですよね、
仲間ってこういうことか と感じました」

と言って下さったことが 非常に嬉しかったです。



放送は10月だそうです。


ご協力下さった皆さんありがとうございました!